百貨店に“専属モデル”!?  百貨店業界でも話題となった阪急×エーチームグループ オーディション2013

百貨店に“専属モデル”!? 
百貨店業界でも大きな話題となった阪急×エーチームグループ オーディション2013

e0309413_19143314.png

2013年2月3日、阪急阪神百貨店がヤング婦人服売り場「うめはんシスターズ」のイメージモデル「うめはんメイツ」の最終選考会を行い、4人を選出し た。女性ファッション誌や「神戸コレクション」などのファッションイベント、カタログに出演するなどし、売り場の広告塔として1年間活動する。

この企画は大手芸能プロダクション「エーチームグループ」との協業によるもの。募集から審査、選考には「JJ」(光文社)「sweet」(宝島社)「美人 百花」(角川春樹事務所)といった人気雑誌が協力。百貨店が売り場のPR活動の一環としてイメージモデルを全国から公募するのは初めて。同店では毎年継続 していくという。

7年間の建て替え工事を経て、2012年11月に全面開業した阪急うめだ本店は、同年第3四半期の売り上げが前期比1.6倍、入店客数が前年の2倍と出足 好調。ただ、改装中に近隣のファッションビルなどに流れてしまった若者客を取り戻すのは容易ではない。イメージモデルのアピールが売り上げ回復にどれだけ 貢献するのか注目される。

【人気雑誌で告知し、3250人が応募】

オーディションは阪急うめだ本店グランドオープン直後の2012年12月初旬にスタート。
「JJ」「sweet」「美人百花」誌上ほか、公式ウェブサイトで出場者を募集し、2013年1月12日の締め切りまでに全国から予想を上回る3250人が応募した。

選考はまず書類審査で300人に絞られ、1月19、20日の2日間、東京・大阪の2会場で2次審査を実施。そして、2次審査を勝ち抜いた16人(東京6人・大阪10人)のファイナリストが2月3日の最終選考会に出場した。

阪急うめだ本店9階にある祝祭広場で行われた最終選考は、本格的なファッションショー形式で実施。まず出場者自身が選んだ白のトップスとブルーデニムの コーディネートで自分をアピールし、続いてファッションショーではうめはんシスターズの取り扱いブランドによるコーディネートをランウェイで披露した。
e0309413_19271991.png

ショーには「うめはんシスターズ」のうち、「ボニカドット」「ランズオブエデン」「アプワイザーリッシェ」「ジュジュ・エッタ」「ポール&ジョー・シス ター」「クッシオ」「ジョリー・ブティック」などが春夏の新作を提供。モデルウォークが初めてという16人のファイナリストたちは緊張しながらも精いっぱいの笑顔を振りまき、自身の魅力をアピールした。最終審査は3誌の編集長と阪急うめだ本店、エーチームグループの代表者が行い、約100人の一般客による 投票も審査の対象となった。

「うめはんメイツ」グランプリに選ばれたのは4人。今後は毎月末に開催される店内イベントでトークショーやファッションショーに出演するほか、関西コレ クション、神戸コレクションなどの外部イベントや「JJ」「sweet」「美人百花」の紙面にも登場する。イメージモデルとして1年間活動した後は、所属 するエーチームグループのタレントとして芸能界デビューの道もあるという。

 4人は「うめはんメイツとしてうめだ阪急を盛り上げていきたい」(紺谷さん)、「関西コレクションに出演できるのを楽しみにしている」(原さん)、「こ れを機に素敵な女性になりたい」(狭間さん)、「大阪も阪急も好き。女性がハッピーになれる活動をしていきたい」と抱負を語っていた。

Yahooトピックス 百貨店に“専属モデル”!? 阪急「うめはんメイツ」の狙いとは

nikkei TRENDYnet 百貨店に“専属モデル”!? 阪急「うめはんメイツ」の狙いとは?
[PR]
by sg3121sg | 2013-03-08 19:37 | エーチームグループ関連情報
<< 今井華  エーライツ所属タレン... エーライツ所属タレント 鈴木あ... >>